工事進捗Progress Report

地盤沈下対策事業 鵜戸川北部地区 その6工事

工事期間 : 2020年9月15日 〜 2021年3月19日

本地区は、一級河川木曽川が流れる海抜ゼロメートル地帯です。
排水路が整備されているものの、地盤沈下等に起因する排水機能の低下により農作物や住宅等に湛水被害が発生する恐れがあります。
そのため、本工事では、湛水被害を未然に防止するために、機能低下している排水路の一部(382.8m)を改修します。

更新日 : 2021年04月01日

たん水防除事業 新立田輪中地区 北部排水機場 機場工及び送水路工その1工事

工事期間 : 2020年8月29日 〜 2021年3月19日

本地区は、一級河川木曽川に沿った地域であり、水田地帯です。
流域内開発による流出量の増加や経年変化による排水機の能力低下等から、近年では降雨時における湛水被害が発生する恐れがあります。
このため、本事業では、湛水被害を軽減・解消させ、農業経営の安定と農業の維持を図るとともに、防災力を向上させるため、排水機場を新設します。
本工事では、排水機場の基礎と木曽川への送水路の一部を施工します。

更新日 : 2021年03月20日

中小河川改良工事(防災安全) 地盤沈下対策河川緊急整備工事 合併工事(ICT土工・希望1型)

工事期間 : 2020年9月16日 〜 2021年3月19日

日光川は県下最大級の二級河川とされ、本流域自体が「東海地震に係る地震防災対策強化地域」及び「東南海・南海地震防災対策推進地域」に指定されており、地盤の液状化が予測されることから、堤防などの治水施設の地震対策が急務とされている河川です。
本工事は、伊勢湾台風(昭和34年9月)により甚大な被害があった場所で、伊勢湾台風後に1㎞以上に渡って擁壁が構築されましたが、50年以上経過したことから、その一部(約150m)の古くなった堤防の擁壁を取り壊し、川側に盛土及び護岸を施工することで今より堤防を大きく、より強くする工事を行います。

更新日 : 2021年03月19日

たん水防除事業 新十三沖永地区 越津排水機場その3工事

工事期間 : 2019年8月6日 〜 2020年8月31日

この地区は、二級河川日光川および蟹江川に挟まれた地域であり、海抜ゼロメートル地帯であるため、
自然排水することができず、排水機場による機械排水に依存しています。
しかし、耐用年数経過に起因する排水機能の低下により、既存の排水機場では対応できなくなっています。
このため、近接地への建て替えを進めており、本工事では排水機場の下部工と吐水槽を構築します。

更新日 : 2020年08月28日

このページの先頭へ